お肌のシワやシミをなくしてくれる!?水素の驚きの効果!

シワ・シミができると、実年齢よりも老けてみえてしまいますよね。女性はいつまでも若々しくいたいはずです。男性でも美容に注目する方が増えてきて、肌の状態をよく保とうとする方が増えているようです。老けた印象を与えるシワ・シミですが、どうしてシワ・シミができてしまうのでしょうか。また、シワ・シミを防ぐ方法はあるのでしょうか。

悪玉活性酸素がシワ・シミの原因に

シワ・シミができる原因は活性酸素です。活性酸素は体を老化させる物質で、健康な細胞を傷つけて肌老化を進行させます。しかし、すべての活性酸素が悪いわけではありません。活性酸素には善玉と悪玉があり、肌に悪影響を与えるのは悪玉活性酸素です。
シワシミ
体には活性酸素を除去する酵素が存在しています。善玉活性酸素はウイルスなどから体を守るのですが、過度のストレスや生活習慣などなんらかの理由で活性酸素が増えると、酵素が対応しきれずに悪玉活性酸素が大量に発生します。そして、肌細胞を傷つけてしまうのです。

活性酸素が与える影響

活性酸素のダメージを受けると、肌は自らを守るためにメラニンを生成します。メラニンは肌に悪いイメージがありますが、実は刺激から守る働きがあるのです。肌の状態がよければ、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の過程でメラニンが排泄されます。しかし、活性酸素のダメージを受けた肌はターンオーバーが乱れているので、メラニンが肌に蓄積しやすくなります。こうしてシミができます。

肌にハリと弾力を与えているものが、コラーゲンやエラスチンです。コラーゲンやエラスチンが肌に存在して構成がしっかりとしていれば、ハリと弾力が保たれます。活性酸素はコラーゲンとエラスチンを攻撃します。コラーゲンとエラスチンの弾性が失われて、ハリと弾力がなくなり、シワができます。このように活性酸素がシワ・シミの原因となります。

シワ・シミを防ぐには

シワ・シミの原因は活性酸素なので、シワ・シミを防ぐには活性酸素を除去することが大切です。抗酸化作用がある物質を摂取することで活性酸素が除去され・シワ・シミの予防になります。抗酸化作用がある食べものが、トマト、ブルーベリー、カカオ、アサイーなどです。これらの食品には、リコピン、アントシアニン、ポリフェノールなどの抗酸化成分が含まれていて、肌を活性酸素から守ってくれます。しかし、大量に活性酸素が発生した場合は、これらの食品を摂取しただけでは対応できません。そこで活躍するものが水素です。

水素の働き

水素は抗酸化作用を持つ注目の成分です。水素には悪玉活性酸素と結びつき、水に変えて排泄する働きがあります。水は体にとって無害なものなので、肌に悪影響を与えません。水素は悪玉活性酸素とだけ結びつき、善玉活性酸素とは結びつきません。大量に摂取した場合は、呼吸とともに排泄されると考えられています。ビタミンCやビタミンEなどにも抗酸化作用がありますが、これらは水素に比べて分子が大きいです。しかし水素は非常に小さな分子をしているので、ビタミンCなどが入り込むことができない体の隅々に届くことができます。

水素の摂取方法

シワ・シミ予防のための水素の摂取方法は大きく分けて4通りあります。
サプリ
1つめは水素水や水素サプリメントとして口から摂取する方法です。
現在さまざまな水素水や水素サプリメントが販売されています。水素濃度が高いものを選ぶようにしましょう。紫外線を浴びると活性酸素が発生するので、紫外線を浴びる前に摂取することがおすすめです。

2つめは化粧水として利用する方法です。
水素は非常に小さな分子なので、肌に浸透をします。使い方は普段使用している化粧水と同じです。洗顔をして肌を清潔にしてから、水素水を肌に塗布しましょう。コットンでつける派と手でつける派があると思いますが、どちらでも構いません。

コットンパックに使用することもおすすめです。大き目の裂けるコットンを水で湿らせて軽く絞ります。そのコットンに水素水をたっぷりとしみ込ませ、裂いたコットンを顔に貼りつけてパックをします。パックをする時間は3分以内にしましょう。長時間パックをしていると、コットンが乾いて肌の水分が失われてしまいます。パック後は、いつもと同じように美容液や乳液でケアをします。

3つめは水素風呂です。
水素風呂に入ることで、全身から水素が吸収されます。さらに、浴室に充満した水素を口や鼻から取り込むこともできます。皮膚と鼻から効率的に取り込むことができるのです。
水素風呂用の入浴剤や水素発生器が販売されているので、こういったものを利用して水素風呂に入ってみましょう。皮膚や呼吸から取り込まれた水素が全身を巡るには7分ほどかかるといわれているので、10分以上を目安に入浴をするとよいでしょう。

お風呂の温度が高いと水素がお湯から抜けやすくなることや、熱いお湯は長時間入浴ができないので、ぬるめのお湯に浸かることがおすすめです。汗をかくので水分補給をしてください。水分補給に水素水を利用すれば、口からも水素を摂取できます。

4つ目に水素ガスを吸引できる水素ガス吸入器です。
代表的なマシンがスイソニア(suisonia)という水素吸入器です。濃度の高い水素ガスを直接鼻の毛細血管からとり込むことで、血管に水素をのせ全身に素早く水素を送ることができます。そのため、即効性があり血流が活発になります。この水素を吸入するということがもっとも効果的で効率的に摂取方法と言われています。